トップページ(最初のページ) > 日野原重明先生と、ハルメク > 日野原重明先生の名言

日野原重明先生と、ハルメク

日野原重明先生の名言

「生きかた上手」で語られたエピソードから、先生の温かい励ましの言葉の一部をご紹介します。

50代、あるいは60代に向かおうとしているこれからは、いよいよ自分のやりたいように、自分が自分を開発する自由が与えられる時期です。そうして開発した自分を、社会に還元していくのが、第二の使命だと思います。
(初登場の1997年4月号。「シリーズ お医者さんと一緒に考えよう」で50代からの女性の体について伺いました。)
少し肩の力を抜いて、「お上手、お上手」と自分に声をかけていきましょう。
(第43回・2004年1月号。「時間」についての考えと、新しいとしに臨む姿勢について。)
かつて自分ができなかったこと、やりのこしたことを、思い切ってやることが、「夢を叶える」ということなのです。
(第76回・2006年10月号。「日野原重明先生、アフリカへ行く」。ガボン共和国へ行き、シュバイツァー病院を訪ねたことについて。)
やりたいことは、まだまだたくさんあります。私はどれも「できる」と信じています。信じてね、「ゴー」ですよ。
(第148回・2012年10月号。「101歳のお誕生日を前にした日野原先生にお話を伺いました」。)

ハルメク1月号

読者16万人!シニア女性誌・部数No.1※日本雑誌協会調べ
(2017年4月~2017年6月)

  • 書店ではお求めになれません
  • 全国どこでも、毎月直接ご自宅へお届けします

※今お申し込みいただくと最新の1月号からの購読となります。 12月号からのお申し込みもご希望に応じて可能です

最新
ハルメク
1月号