トップページ(最初のページ) > 布ぞうりの作り方 > 布ぞうりの作り方 2

布ぞうりの作り方 2

布ぞうり作りの楽しさのひとつは、色の組み合わせ。
色合わせによって、カラフルにもシックにも、 いろいろな表情の布ぞうりを作ることができます。
前回は鼻緒を作りましたが、 今回はいよいよ土台作りへ。
鼻緒との色合いも考えながら、 あせらず、ていねいに編んでいきましょう。

2つま先を作る

1

土台用のロープの両端を結ぶ。

2

ロープの中心に、土台用の布の4つ折りを2つ折りに広げてひっかけ、右手前に7~8cm折り返す。

3

長い布をふたたび4つ折りに戻してから、短い布の上を通して右に引っ張り、ロープの下を通して上に引っ張る。

4

長い布でロープを1回巻いて上に引っ張る。

5

ロープと布の結び目を手で固定したまま、短い布をロープの向こうにまわして上に引っ張り上げる。

6

長い布を短い布の前を通して左に引っ張り、左のロープを巻いて上に引っ張る。長い布を短い布の後ろを通して右に引っ張り、右のロープを上から巻いて上に引っ張る。

7

長い布を短い布の前を通して左に引っ張り、左のロープの下を通して上に引っ張る。これでつま先部分が完成。

3土台を編みはじめる

1

土台用のロープの両端を結ぶ。

2

短い布を真ん中の2本のロープの下へ落として、手前の2本のロープと一緒に持つ。

3

洗濯バサミをはずし、長い布で左端のロープを巻いて真ん中2本のロープの下を通して上に出し、右端のロープを巻いて真ん中2本の上を通して下に出す。

4

この後はロープ1本ごとに上、下、上、下と布を編んでいく。

ポイント

上手な布のつなぎ方

布をつなぐときは、新しい布を広げて3cm程度重ね、ふたたび4つ折りにして編む。心配な場合は、つなぎ目を縫い合わせてもよい。

ポイント

つま先は、幅を広げながら、
上下はしめながら、編むのがコツ

幅は8.5㎝になるまで広げる。2~3段編んだら、真ん中2本のロープを向こうに引っ張って手前の2本のロープの結び目が図のようにつま先に作ようにする。

ハルメク11月号

読者16万人!シニア女性誌・部数No.1※日本雑誌協会調べ
(2017年4月~2017年6月)

  • 書店ではお求めになれません
  • 全国どこでも、毎月直接ご自宅へお届けします

※今お申し込みいただくと最新の11月号からの購読となります。 10月号からのお申し込みもご希望に応じて可能です

最新
ハルメク
11月号