ハルメク 編集長 矢部 万紀子 メッセージ

ハルメク編集長 矢部万紀子

こんにちは。ハルメク編集長の矢部万紀子です。 今月号は「老け見え」について徹底的に考えました。自分がどう見えるか。それを考えるのって、ちょっとイヤですよね。でも、見ない、考えないでやり過ごすより、きちんとケアしてお別れしましょう。

ハルメクが今回提案したのは、「口元」からの撃退です。たとえば朝晩5分の舌トレで、顔のたるみがスッキリします。顔のマッサージでほうれい線を薄くするには、ちょっとしたコツがあります。

そして今回、私が自ら試したのが、ボイストレーニングです。久しぶりにあった大学時代の友人に「声、低くなったなー」と指摘され、気に病んでいました。そこで今回、とある先生に弟子入り、ボイスチェック&トレーニングをしたのです。昔から声は低かったのですが、最近どんどん加速していたわけですが、いやー、その原因が「舌」にあったとは。そして待っていたのが、ハミングの猛特訓だったとは。そして私、がんばりました。はっきり言って、結果、出しました(エッヘン)。
舌をどうして、どのようにハミングしたか。汗と涙の(?)1か月の記録、ぜひハルメク3月号でご確認ください。どうぞよろしくお願いします。


(2017年1月27日 矢部 万紀子)

3月号の見どころ

  • 1

    老眼と疲れ眼を改善する眼トレーニング。1日1分。切り取ってそのまま使えるシート7種付き。

  • 2

    口元があか抜けるケアとメイク法。有名女優の指名殺到・長網志津子さんに教わります。

  • 3

    負担大幅増時代を乗り切る高額医療費への備え方。複数の病院を受診中の人は、どうすべき?

 

ハルメク3月号

「ハルメク」は、読者17万人に愛されているシニア女性誌・部数No.1の雑誌です※日本雑誌協会調べ
(2016年7月~2016年9月)

  • 書店ではお求めになれません
  • 全国どこでも、毎月直接ご自宅へお届けします

※今お申し込みいただくと最新の3月号からの購読となります。

最新
ハルメク
3月号