ハルメク 編集長 矢部 万紀子 メッセージ

ハルメク編集長 矢部万紀子

こんにちは。ハルメク編集長の矢部万紀子です。毎朝、テレビで天気予報の「最高温度」をチェックします。3月が近づくにつれ、同じ「11度」でも寒さが柔らかい気がします。春が近づくとはそういうことなのだと、しみじみ思います。私、56歳。季節に敏感なってきたのは、半世紀以上生きた証かもしれません。

さて今月号は「相続」について特集しています。半世紀以上生きてきますと、避けて通れないのが、相続の問題です。
たとえば親の住む家。自分が育った頃はにぎやかだったのに、今ではすっかりさびれ……。そんな地域は日本中、いたるところにあります。全国で空き家が820万戸にも上るそうです。そうなると、動き出すのがビジネスです。空き家関連業が成長中で、大手企業が続々参入しています。
どんなサービスをしてくれるのか。売りたい場合、残したい場合に合わせ、徹底解説していますので、ぜひご覧ください。
ほかにも遺言書を書いてもらうための会話、遺産をめぐるきょうだい間の争いを回避する方法など、すべてがわかる4月号です。

そしておかげさまで「いきいき」から「ハルメク」に名前を変え、4月で1年になります。編集部員一同、これからもハルメクをもっとよい雑誌にするため、努力してまいります。どうぞよろしくお願いします。


(2017年3月1日 矢部 万紀子)

4月号の見どころ

  • 1

    奥薗壽子さんの春野菜レシピは酢がたっぷり。奥薗さんの定番「ヨーグルト風豆乳ドリンク」もおいしい!

  • 2

    健康特集で紹介している食物繊維ダイエット。繊維たっぷりのキャベツ、もち麦を使い、糖尿病予防効果も。

  • 3

    『博士の愛した数式』著者・小川洋子さんが新刊『不時着する流星たち』を通し「小説的回路」を語る。

 

ハルメク4月号

「ハルメク」は、読者17万人に愛されているシニア女性誌・部数No.1の雑誌です※日本雑誌協会調べ
(2016年10月~2016年12月)

  • 書店ではお求めになれません
  • 全国どこでも、毎月直接ご自宅へお届けします

※今お申し込みいただくと最新の4月号からの購読となります。

最新
ハルメク
4月号