特集記事紹介相続対策「うちは大丈夫」は「損」のはじまり
相続で損をする入り口、
チェックシートで把握し、早めに準備を!

「相続なんてまだ先のこと」と思っていませんか? ハルメクが実施したアンケートでは、相続トラブルを経験した74%が「相続の準備をしていなかった」と回答。その相続額は、負債を含め1,000万円未満が最も多く、「うちは大金持ちじゃないから大丈夫」といった油断は禁物!とわかりました。

まず、「相続手続き」「きょうだい」「家」のリスク別チェックシートで、相続で損をしないかどうかリスクチェックを。そして、基本の手続きの流れや期限の解説に加え、「私たち夫婦には子どもがいない。姪を相続人にできる?」といった読者の疑問にも答えます。
「生前贈与」など、今注目の相続税の「4つの節税対策」も要チェック!

正しく知って得する相続

親の家の相続対策

また、相続でもめがちな「親の家」を「手放したい」人には、大手企業も参入中の「空き家の売買や仲介」サービスを。
「残したい」人には、離れた親の家も月100円から「代行管理」してくれるサービス等を紹介。
もめない相続の肝となる「遺言書の作り方」も徹底解説。親に「どう話を切り出すか」など4つのステップを把握したら、さっそく準備を始めましょう!

編集担当より

読者の集まるイベントで、相続経験者が「親の介護をしたかどうかが、きょうだいでもめるポイント」と真剣に話していたことがあります。「きょうだい争続」では、読者の体験談はもちろん、親の介護をした長男夫婦、シングルマザーの娘と同居する次女などシナリオに沿い、それぞれの感情にどう配慮するかを解説。相続体験ルポの「銀行口座凍結」への対策も必見です。

 

ハルメク4月号

「ハルメク」は、読者17万人に愛されているシニア女性誌・部数No.1の雑誌です※日本雑誌協会調べ
(2016年10月~2016年12月)

  • 書店ではお求めになれません
  • 全国どこでも、毎月直接ご自宅へお届けします

※今お申し込みいただくと最新の4月号からの購読となります。

最新
ハルメク
4月号