連載記事紹介日野原先生の生きかた上手

日野原重明先生

「生きかた上手」は、2000年春にスタートして以来、『ハルメク』の中で、もっとも長く続いている人気連載です。

100歳を超えた今でも、現役医師として活躍していらっしゃる日野原重明先生。ハルメクでは、日野原先生が日々感じていらっしゃること、ご家族の話、長寿の秘訣、日野原先生から読者のみなさんに向けた、よりよく人生を生きていくためのアドバイスを毎月取材。幼少期、学生時代など貴重な日野原先生のプライベート写真とともにご紹介しています。

いつも夢を持ち続け、私たちにまっすぐ語りかける先生のやさしいことばは、多くの方々に勇気を与えています。

  • 2017年5月号

    社会人になって初めての夏
    4月は新しいことを創めるとき。日野原先生に初めて聖路加国際病院に着任されたときのことを伺いました。駆け出しでありながら軽井沢のクリニックに派遣され、著名な方々の診療にあたったといいます。

  • 2017年4月号

    66年前に見た
    もうひとつのアメリカ

    トランプ政権で揺れるアメリカ。日野原先生は66年前にアメリカに留学しています。そのときに見たのは、想像以上の貧困と人種差別だったと言います。「自由の国」という言葉の意味も考えさせられます。

 

ハルメク5月号

「ハルメク」は、読者17万人に愛されているシニア女性誌・部数No.1の雑誌です※日本雑誌協会調べ
(2016年10月~2016年12月)

  • 書店ではお求めになれません
  • 全国どこでも、毎月直接ご自宅へお届けします

※今お申し込みいただくと最新の5月号からの購読となります。

最新
ハルメク
5月号