トップページ(最初のページ) > ハルメクの旅と講座 > ベートーヴェン物語

ベートーヴェン物語

数々の名曲で知られるベートーヴェン。苦悩の連続だった彼の生涯の中で数々の名曲がどのように生まれたのか・・・。
「ベートヴェン物語」第1部では知られざるベートーヴェンの生涯と音楽の関わりに焦点をあて、ピアニスト三村真理による情熱的なピアノソナタの演奏と役者岡田由記子による独創的な一人芝居で表現します。
第2部は今回の公演に向けてメンバーを厳選した小人数編成の「みむみむの森 室内オーケストラ」と三村真理が共演するピアノ協奏曲第4番。ピアニストの卓越したテクニックと楽器それぞれの音色が際立つ小編成オーケストラならではのコンサートをお楽しみください。
二部の開演前には協奏曲の楽しみ方について演奏家自らの解説を行いますので、クラシックコンサートに馴染みのない方でもお楽しみいただけます。おひとりのご参加はもちろん、ご家族やご友人同士でのお出かけにもおすすめです。

★プログラム

【第1部 ピアノと一人芝居でおくる「ベートーヴェンの生涯」】

演奏曲:ピアノソナタより「月光」「悲愴」 「テンペスト」「熱情」

ベートーヴェンの生涯を一人芝居とピアノで表現します。彼の音楽が難聴の悪化、父親や恋人との関係など、人生のあらゆる局面から生まれたことがわかります。今回はピアノソナタ4曲をお届けします。

【第2部 ピアノ三村真理とみむみむの森室内オーケストラ】

演奏曲:ピアノ協奏曲第4番

ピアノソロによる弱く柔らかな音で始まり、オーケストラとピアノがまるで対話するかのようなこの曲は1806年に完成され、ベートーヴェン自身のピアノ独奏により初演された最後のピアノ協奏曲です。

★出演者

三村真理

ピアニスト三村真理(みむらまり)

マルグリス氏の推薦を受け、カルフォルニア大学 (UCLA)大学院に進学。ロシアン・ピアニズムを習得し、囁くような音からダイナミックな力強い音まで、 様々な音色を自在に奏でる。
これまでにスロヴァキア 国立放送交響楽団、ドイツ・ワイマール・ゲーテ弦楽 四重奏団、ワルシャワ国立フィルハーモニー室内楽などと共演。
一般社団法人みむみむの森 芸術文化振興グループを立ち上げ、クラシック音楽の普及に努める。

岡田由記子

役者岡田由記子(おかだゆきこ)

大学卒業後「劇団鳥獣戯画」を経て『ひらけ!ポンキッキ』等の ショーに出演。舞台やイベントの制作、演出、出演を行う。

みむみむの森室内オーケストラ

みむみむの森室内オーケストラ

みむみむの森は、ヨーロッパで研鑽を積み活躍する音楽家が、クラシック音楽を幅広い層へ普及させることを目的に結成したグループ。今回は趣旨に賛同するメンバーを厳選し、本公演に向けて音の響きにこだわった小人数の室内オーケストラを新たに編成。

★会場

四谷区民ホール

四谷区民ホール【東京・新宿】

東京都新宿区内藤町87
新宿御苑前駅から徒歩約5分

公式ホームページ

★開催概要

開催日:12月18日(月)
講座番号:0707-020-904
スケジュール:開演 13時30分 終演 16時00分
チケット:全席指定5,300円(税込)
募集人員:450名(先着順・最少催行人員225名)
申込締切:12月4日(月)

★お申込み

ハルメク お客様センター

TEL 0120-861-094

(通話料無料 9時~19時受付 日・祝日・年末年始を除く)

FAX 0120-038-618(通信料無料・24時間受付)