定期購読のご案内 定期購読のご案内
  • TOP
  • 2020年3月号

特集

2020年3月号
特集1

年金生活のここが不安&
わからないを賢く解消!

年金生活の今後について、「漠然としていて先が見えないからこそ不安なんです」と言うのはファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん。この特集では、漠然とした不安を具体的に見極め、今後の見通しを持ち、備えられるような知恵が満載。専業主婦、共働き、おひとりさまのタイプ別に、「年金の手取り額が減るタイミング」などを示した、徹底シミュレーションを紹介!

もっと見る

2020年3月号
特集2

パリの60代・70代に学ぶ
自由で素敵な暮らし方

2020年3月号
特集3

「くるくる耳たぶ」で
顔、首のむくみをすっきり

連載

きくち体操

きくち体操とは

2020年3月号
きくち体操

読むだけではダメですよ

もしこの連載を読んでいるだけで、まだ実際に動いたことのない方は、紹介している動きを、毎日、丁寧に、体じゅうに意識を向けてやってみてください。必ずあなたの体は応えてくれますよ。

きものリフォーム

きものリフォームとは

2020年3月号
きものリフォーム

ゆったりなのにおしゃれ! 
直線裁ちのチュニック

今回は、裁つのも縫うのもほぼ直線で、初心者の方にもおすすめのチュニックをご紹介します。1つのパターンで、着丈の違う3種類ができます。きものの布幅を利用しているので、身幅がゆったり。ご自分のきものや、お気に入りの洋服地でも、春にぴったりのチュニック、ぜひお試しください。

編集担当より

みんなはどれだけ使っているの?と気になる「子や孫への援助」。外食費や帰省費用を負担したり、孫におもちゃを買ったり、離婚した子ども家族の生活費を負担したり……。その気持ちはよくわかるけれども、自らの老後資金も心配です。ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが、メリハリある援助の方法、カウンセラーの宮本まき子さんが上手な子どもへの伝え方を指南する企画、必見です!

3月号のみどころ

  • 01

    今月は待望の「年金生活」特集!今さら聞けないお金のモヤモヤをまるごと解消し、安心老後の備えとなる、完全保存版です。

  • 02

    健康特集は「尿漏れ・頻尿」がテーマ。50代以上の女性なら誰もが経験するお悩みも、骨盤底を鍛えることで改善できるんです。

  • 03

    料理ページは奥薗壽子さんに教わる「カブ、大根、白菜の絶品レシピ」。冬野菜の栄養を余すところなくいただけます。

2020年3月号目次

※目次の青色テキスト(下線付き)を
タップ(クリック)いただくと、
対象ページを立ち読みできます。

2020年3月号

 

【特集】

12ページ

年金生活の
ここが不安&わからないを賢く解消!

 

14ページ

年金生活の不安は、

”見通し”を立てることで解決!

 

16ページ

これさえわかれば安心!

年金きほんのき

 

21ページ

タイプ別 

年金手取り額シミュレーションで

賢く備える

  

30ページ

実例に学ぶ

”収入減””医療費・介護費増”にどう備える?

 

38ページ

子ども・孫へのいい援助・ダメ援助

  

42ページ

今すぐできる

年金生活で得する知恵

 


 

 

【巻頭インタビュー】

8ページ

玉置妙憂さん

 

58ページ

海外取材特集

パリの60代・70代に学ぶ
自由で素敵な暮らし方

 

153ページ
くるくる耳たぶ+簡単ケアで
顔、首のむくみをすっきり

 

52ページ

きくち体操
脳と体をつなげる

 

68ページ

奥薗壽子さんの楽々ごはん 

カブ・大根・白菜を

丸ごと味わうレシピ

 

75ページ

健康特集

「骨盤底」を強くして

尿もれ、頻尿を自分で治す

 

92ページ

ひと・もの・がたり

牛嶋君子さん

本物そっくりの花を樹脂粘土で作る

 

102ページ

もっと気軽に!
きものリフォーム
ゆったりなのにおしゃれ!
直線裁ちのチュニック

 

108ページ

きものリフォームのつくり方

 

112ページ

ちょっとの時間で ほっと手作り 

はぎれつなぎのポットカバー

 

116ページ

山本ふみこさんが青木奈緒さんに聞く

今に生きる幸田家の教え

 

123ページ

ハルメクカフェ 

  • 新しく始めた挑戦

 

129ページ

ハルメク文化部

  • トキメク シネマ
  • 書いた人に、聞きたい
  • アート「画家が見たこども展」
  • 大塚ひかり

スキャンダルで読百人一首

 

183ページ

彼のことづて

ページ落語家 桂文珍さん

 

120ページ

パズル

 

121ページ

プレゼント

 

135ページ

バックナンバー

 


 

【連載】

4ページ

横山タカ子 信州・四季の手遊び

 

86ページ

川邉サチコ マダムのつくり方

 

88ページ

横森美奈子  目からウロコのおしゃれ塾

 

100ページ

もう一度生き方上手

 

136ページ

あいうえ折り句

 

138ページ

世界丸ごと一問一答 「香港のデモ、なぜ終わらないの?」

 

140ページ

知っ得! マネー学  「自転車保険」に入るべき?

 

142ページ

スマホ塾 地図アプリの使い方 後編

 

147ページ

山本ふみこ だから、好きな先輩

 

149ページ

村木厚子 毎日はじめまして

 

186ページ

こころのはなし 向谷地生良さん

 

190ページ

庭の時間「ハーブ」その2

 

192ページ

ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方

 


 

84ページ

ハルメク プレミアムイベントのご案内

 

85ページ

ハルメクの本のご案内

 

146ページ

ハルメク お申込、お問い合せ

 

152ページ

ハルメクおみせ 

 

164ページ

ハルメク 学ぶ・旅する

〔隅田川でお花見散歩、

尿もれ改善トレーニング 他〕

 

144ページ

次号予告

もっと見る

きくち体操とは

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

閉じる

きものリフォームとは

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

閉じる