定期購読のご案内 定期購読のご案内
  • TOP
  • 2020年4月号

特集

2020年4月号
特集1

何だか素敵な人が実践している服・メイク・髪の新ルール

年齢や見た目の変化を言い訳にするのではなく、“今の私”を輝かせるための工夫をしている人こそ「素敵」という印象を与えます。そこで特集では、「何だか素敵な人が実践している“服・髪・メイク”の新ルール」として、大人世代だからこそ楽しめる着こなしや髪型、メイクを提案。「手持ちの服で体形カバー」、「上品で若々しく見せる薄化粧」など、すぐに取り組める新ルールが満載です。

もっと見る

2020年4月号
特集2

春、花と緑があふれる庭へ

今年も春が巡ってきました。
草花が芽吹き、一斉に咲き誇る春の庭は見ているだけで力が湧いてきます。

もっと見る

2020年4月号
特集3

和と洋で提案
信州のおやつ

ハルメクの連載「信州・四季の手遊び」でおなじみの料理研究家 横山タカ子さんと、ご自身も料理教室を開催している妹 下平みさ子さん姉妹が、「和」と「洋」の信州のおやつを作っていただきました。

もっと見る

連載

きくち体操

きくち体操とは

2020年4月号
きくち体操

自分の体を
大事に思いましょう

きくち体操は、自分の体の仕組みを知り、脳とつないで動かすことを通して自分と向き合い、自分の今を知っていく作業です。そうして動かすことで精神的にも成長できます。

きものリフォーム

きものリフォームとは

2020年4月号
きものリフォーム

帯の幅を生かして作る
兵児帯のゆったりパンツ

男性用の兵児帯(へこおび)はサイズが大きく、帯の幅が広いので、そのまま使うとたっぷりなゆるみができる上、黒や濃紺などダーク系の色合いが多く、実はパンツやスカートなどを作るのにぴったり。兵児帯の両端にある絞り柄をパンツの裾にして、裾がきゅっと縮んだ形に。裁つのも縫うのも直線の超簡単なパンツです。帯揚げ1枚を使い切る可愛らしいミニバッグも、ぜひ作ってみてください♪

編集担当より

「なぜ私はあかぬけないのかしら?」「おしゃれは好きだけど、お気に入りの服が似合わなくなってしまった」……。大人世代が抱えるおしゃれの悩みは複雑です。でも、考え方を変えれば、グレイヘアを生かした色合わせなど、“今の私”を生かしたおしゃれはまだまだあるということ。ページを読み進めるうちに「私のおしゃれはまだまだ伸びしろがある!」と、きっと思ってもらえる企画が出来上がりました。

4月号のみどころ

  • 01

    今月は人気の「おしゃれ」特集!50代からのファッション、メイク、ヘアについて、今すぐできるコツが満載です。

  • 02

    健康特集は「乳がん」がテーマ。早期発見のポイントから、最新の治療法まで、命を守るためにすべきことをまとめます。

  • 03

    今月は料理ページ2本立て!材料も含めて100文字で収まる超簡単おかずから、ほっこりおいしいおやつのレシピまで豊富です。

2020年4月号目次

※目次の青色テキスト(下線付き)を
タップ(クリック)いただくと、
対象ページを立ち読みできます。

2020年4月号

 

【特集】

12ページ

何だか素敵な人が実践している

服・メイク・髪の新ルール

 

14ページ

「何だか素敵な人」には

いつからでも変われます

 

16ページ

同世代おしゃれさんに学ぶ 

服、メイク、髪のひと工夫

 

24ページ

手持ちの服で体形をカバー&

色を取り入れて今の私に似合う服

 

34ページ

上品で若々しい人はみんな

「薄化粧」でした!

 

42ページ

美容室ではこう頼みましょう!

「あら素敵」と言われる

髪型の新ルール教えます

 


  

【巻頭インタビュー】

8ページ

原田美枝子さん

 

58ページ

庭と暮らす喜びを知る人を訪ねて

春、花と緑があふれる庭へ

 

151ページ

姉 横山タカ子さん 妹 下平みさ子さん

姉妹が和と洋で提案

信州のおやつ

 

50ページ

腹筋運動について

 

52ページ

きくち体操

自分の体を育て続ける

 

72ページ

ひと工夫でおいしい、楽しい

小さなおかず100文字レシピ

 

79ページ

健康特集

乳がんを正しく知って命を守る!

 

96ページ

ひと・もの・がたり

梅村マルティナさん

毛糸で結んでつなぐ東北の未来

 

104ページ

もっと気軽に!

きものリフォーム

半日で完成!

兵児帯のゆったりパンツ

 

109ページ

小物リメイク

帯揚げ1枚を使い切る!ミニバッグ

 

110ページ

きものリフォームの作り方

 

116ページ

ちょっとの時間で ほっと手作り

はぎれで作る軽やかなアクセサリー

 

125ページ

ハルメクカフェ

  • 我が家のペット お気に入りの動物

 

131ページ

ハルメク文化部

  • トキメク シネマ
  • 書いた人に、聞きたい
  • アート「おいしい浮世絵展」
  • 大塚ひかり

スキャンダルで読百人一首

 

162ページ

彼のことづて

俳優 渡辺謙さん

 

186ページ

95歳のピアニスト、

ルース・スレンチェンスカさん

年齢を重ねても成長できる

 

122ページ

パズル

 

123ページ

プレゼント

 

137ページ

バックナンバー

 


 

【連載】

4ページ

横山タカ子 信州・四季の手遊び

 

90ページ

川邉サチコ マダムのつくり方

 

92ページ

横森美奈子  目からウロコのおしゃれ塾

 

118ページ

もう一度生き方上手

 

121ページ

村木厚子 毎日はじめまして

 

138ページ

あいうえ折り句

 

140ページ

世界丸ごと一問一答  アメリカとイランの対立、もう大丈夫なの?

 

142ページ

スマホ塾 スマホ決済って? 前編

 

147ページ

山本ふみこ だから、好きな先輩

 

190ページ

庭の時間 「種まき」

 

192ページ

ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方

 


 

88ページ

ハルメク 読者モデル大募集!

 

120ページ

ハルメクからのお礼とご報告

古着deワクチン

 

146ページ

ハルメク お申込、お問い合わせ

 

149ページ

ハルトモ大募集

 

161ページ

長野県 プレミアムイベントのご案内

 

169ページ

ハルメクおみせ

 

170ページ

ハルメク 学ぶ・旅する

〔川邉サチコさんのおしゃれ講座

山本ふみこさんのエッセー講座 他〕

 

144ページ

次号予告

 

[別冊]

ハルメク 健康と暮らし/

ハルメク おしゃれ

 

「知っ得! マネー学 」は今月は休載いたします

もっと見る

次号予告

2020年5月号

大特集

がんばらない、疲れない

賢い捨て方と、

キレイが続く片づけ方

今すぐできる、捨てる力の取り戻し方

キッチン&クローゼットの物はこうして減らす

誰かの役に立つ捨て方があります

ためこみがちな物の捨て時、捨て方、捨て先

自然と片づく物の置き方、しまい方

お金をかけずにすぐできる、お手軽収納アイデア

60代、70代のうちにしておくべき片づけ

詳細を見る

きくち体操とは

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

閉じる

きものリフォームとは

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

閉じる