定期購読のご案内 定期購読のご案内
  • TOP
  • 2020年9月号

特集

2020年9月号
特集1

元気なうちに始める 
がんばらない終活

⇒立ち読みはこちら

死後に必要になる手続きや片づけを行い、用意しておく「終活」。言葉として広く知られるようになった一方、「自分にはまだ早い」「縁起でもない」と思う方もいるかもしれません。そんな方に向けて、今月号のハルメクは「がんばらない終活」を特集します。将来家族に迷惑をかけないための備えをわかりやすく紹介し、死後の手続きで必要になる書類の一覧も。自分の暮らしもすっきりとする、「終活片づけ」のアイデアも解説します。元気な今のうちから、始めてみませんか。

もっと見る

2020年9月号
特集2

夏野菜を、栄養アップして
おいしく食べきる知恵

⇒立ち読みはこちら

旬の野菜は、味も香りも格別な上、その時期の体調管理にぴったりの栄養もたっぷり。そこで、ありとあらゆる方法で、夏野菜を賢く利用するアイデアをご紹介します。手軽にたくさん食べられるスピードレシピから、無駄なく使い切る冷凍ワザ、栄養価を上げる干し野菜の作り方や、免疫力をアップする野菜スープまで! 季節の野菜をおいしく食べて、熱中症や夏バテに負けない体を作りましょう。

もっと見る

2020年9月号
特集3

折って楽しい!使って便利!
おりがみの愉しみ

⇒立ち読みはこちら

年齢や性別、国籍も問わず、誰もが楽しめるおりがみ。
動物や花、便利に使える小物など、簡単に作れるかわいい作品を紹介するともに
おりがみの魅力を紹介します。

もっと見る

連載

きくち体操

きくち体操とは

2020年9月号
きくち体操

お尻には、あなたの
生き方が表れます

⇒立ち読みはこちら

あぶらみばかりのお尻も筋肉が落ちてしまったお尻も、きちんと立ったり歩いたりするために使える筋肉が弱っています。
ピンと上がったお尻に支えられた上半身は、背すじがすっと伸びて、歩き方が颯爽とします。お尻を触って感じ取る、叩いて感覚をよみがえらせる、寄せて力を入れる・・・と普段からお尻に意識を向けて、脳とお尻をつなげましょう。

きものリフォーム

きものリフォームとは

2020年9月号
きものリフォーム

絞りを伸ばして模様に生かす 
兵児帯の上品ワンピース&ケープ

⇒立ち読みはこちら

兵児帯は、きもののようにほどく必要がなく、そのままで素敵に変身させられる優秀な素材です。今回は、あえて、絞りの柄を伸ばして作った、上品なワンピースと、フォーマルドレスをご紹介します。ボウタイ付きのワンピースは、上半身はすっきり、スカート部分には、ギャザーが入ったゆったりしたデザイン。
ワンピースの前後身頃をアレンジし、スカート丈を伸ばせば素敵なドレスに。冷房対策にもぴったりの兵児帯のケープは、広げると長方形。型紙いらずで、切って折って縫うだけ! 初心者の方にもおすすめです。

編集担当より

ハルメク世代に終活についてアンケート調査をしたところ、家族に迷惑かけないためにも必要なことと答える方が多い一方で、「何だか大変そうで……」と重い腰を上げられない人が多くいることがわかりました。

確かに、お金の整理から死後手続きの準備、家の片づけなど、やらなくてはならないことが盛りだくさんに感じます。そこで今号は、誰もが気負わず、がんばらずに、思い立ったらすぐできる終活の具体策を紹介。
日本一わかりやすい終活特集を目指して、本当に必要な情報を厳選し、何からどのように始めたらいいのかをわかりやすく解説しています。

付録の「もしも入院したら読んでねノート」は、ハルメクがオリジナルで考案したエンディングノートです。ある日突然の入院・介護生活が始まっても、家族を困らせることなく、自分自身も安心して暮らし、いざというときに家族に伝えるべき情報がコンパクトにまとめられるノートになっています。

これからの人生をより前向きに、安心して暮らすためのツールとして、ぜひ今号をご活用ください。

9月号の見どころ

  • 01

    これからを安心して暮らすために、ハルメクは「生前にやっておく、手続きの準備」「入院・介護の備え」「終活片づけ」の3つを、終活の3大要素として考えます。

  • 02

    気負わず、がんばらず、すぐに書き始めることができ、家族に伝えるべきことが簡潔にまとめられる「もしも私が入院したら読んでねノート」の活用を!

  • 03

    なかなか手放せないものも上手に手放す方法や、終活片づけをラクに進めるアイデアも満載。

2020年9月号目次

※目次の青色テキスト(下線付き)を
タップ(クリック)いただくと、
対象ページを立ち読みできます。

2020年9月号

【特集】
家族に迷惑をかけないために

 

12ページ
元気なうちに始める
がんばらない 終活

 

14ページ
秋野暢子さんの終活の考え方
目的は最期まで自分らしく生きること

 

18ページ
PART1 死後の手続き、入院・介護の備え
自分も家族も慌てないために
今すぐできる終活 基本のき

 

32ページ
後悔しない終活アイデア9

 

34ページ
PART2 終活片づけ
思い入れのある物の
手放し方、残し方の知恵17

 

44ページ
一人でも安心の終活
家族に頼れない私がしている工夫

 

48ページ
命の最期への向き合い方

 

【別冊付録】
私が入院したら読んでねノート

 


 

【巻頭インタビュー】
草笛光子さん

 

58ページ
簡単料理で、凍らせて、干して、スープで
夏野菜を、栄養アップして
おいしく食べ切る!

 

148ページ
折って楽しい! 使って便利!
おりがみの愉しみ

 

52ページ
きくち体操
お尻を意識して生きる

 

77ページ
健康特集
withコロナ時代の
病気に負けない2大対策

 

94ページ
インタビュー
写真家 石内都さん
毎年、新たに出合う被爆遺品を
撮り続ける

 

100ページ
ひと・もの・がたり
食野雅子さん
伝えるために
心を尽くして、言葉を紡ぐ

 

106ページ
ちょっとの時間で、ほっと手作り
白糸刺しゅうのミニポーチ

 

108ページ
もっと気軽に!
きものリフォーム
絞りを伸ばして模様に生かす 
兵児帯の上品ワンピース&ケープ
作品の作り方

 

121ページ
ハルメクカフェ
●我が家のちょっとした工夫

 

127ページ
ハルメク文化部
●トキメク シネマ
●書いた人に、聞きたい
●アート
 「ロンドン・ナショナル・
 ギャラリー展」
●大塚ひかり
 スキャンダルで読む百人一首

 

133ページ
バックナンバー

 

180ページ
パズル

 

181ページ
プレゼント

 

4ページ
横山タカ子信州・四季の手遊び

 

74ページ
もう一度 生きかた上手

 

86ページ
川邉サチコ マダムのつくり方

 

88ページ
横森美奈子 目からウロコのおしゃれ塾

 

134ページ
あいうえ折り句

 

136ページ
世界丸ごと一問一答 黒人差別への反対デモ、どうして今再燃しているの?

 

140ページ
知っ得! マネー学 コロナや自然災害による相続税の申告延長

 

142ページ
スマホ塾 ブルートゥースって?

 

147ページ
山本ふみこ だから、好きな先輩

 

179ページ
村木厚子 毎日はじめまして

 

184ページ
こころのはなし
寮美千子さん

 

188ページ
大野八生の庭の時間 ハイビスカス

 

190ページ
ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方

 

192ページ
玉置妙憂 コトノハメクリ

 

99ページ
ハルメクおみせ

 

146ページ
ハルメク お申し込み、お問い合わせ

 

156ページ
ハルメク 学ぶ・旅する
黒田知永子さんと福沢京子さん
ターシャの世界を訪ねて 他

 

170ページ
ハルメク 通販をインターネットで

 

144ページ
次号予告
[別冊]
ハルメク 健康と暮らし/
ハルメク おしゃれ

もっと見る

次号予告

大特集
今ある服を素敵に着こなすちょっとのコツ

  • 「たんすの肥やし服」はこうしてよみがえらせる
  • 着こなしは髪型次第! 美容院ナシの髪のホームケア術
  • 10秒で体形をカバーしてあかぬける着こなしのコツ
  • 地味色服が素敵に変わる色合わせのルール
  • ストール、アクセサリー・・・小物使いの簡単アイデア

 

料理
浜内千波さんの「秋野菜は、甘味調味料ですのよ」
 

健康特集
腰痛解消の新常識
 

第二特集
ターシャの庭と家族の「今」
 

第三特集
地震、水害、新型コロナウイルス
最新防災 命を守るための備えと避難
 

きものリフォーム
紬でつくる はおりもの
 

介護保険20年
親の介護のお金と現実
 

詳細を見る

きくち体操とは

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

閉じる

きものリフォームとは

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

閉じる