定期購読のご案内 定期購読のご案内
  • TOP
  • 2020年12月号

特集

2020年12月号
特集1

50代からの家事は賢く“やめる”のが正解

⇒立ち読みはこちら
掃除、片づけ、料理、洗濯……一口に家事といってもさまざま。コロナ禍で家にいる時間が増えている今、普段やっている家事が負担に感じる人も多いのではないでしょうか。
なくてもいい手順の手間を省く、本当に必要なことか考えてやめてみる、家電に任せてみる、夫と分担してみる。
さあ、今こそ家事を見直して、自分のための時間を作るチャンスです。

もっと見る

2020年12月号
特集2

思い込みを手放せば、料理の手間はもっと減らせる!

⇒立ち読みはこちら
自宅で3食作ることがこれまで以上に多い今、「毎日の食事の準備でへとへと・・・」という声が増えています。そこで、手間を省きながらちゃんとした食事を作るコツを、ふたりのプロに聞きました。
村上祥子さん曰く「まず”料理はかくあるべし”という思い込みを捨てましょう」。献立の考え方や、市販のお惣菜の賢い使い方など、目からウロコのアドバイスがたくさん!
さらに、奥薗壽子さんによる、下ごしらえや洗いものといった「めんどくさい工程」をやめた簡単レシピをご紹介します。毎日の食卓にぜひお役立てください。

もっと見る

2020年12月号
健康特集

感染症専門医が実践している 冬の感染症を遠ざける生活習慣

⇒立ち読みはこちら
依然として流行が続く新型コロナウイルス感染症を筆頭に、冬は特に感染症に気を付けたい季節です。そこで今回は感染症専門医が実践している、感染症に「うつらない・うつさない」ための生活習慣を教わりました。
今日から実践し、健やかにこの冬を乗り切りましょう。

もっと見る

連載

きくち体操

きくち体操とは

2020年12月号
きくち体操

体を動かすとは、脳と体をつなげること

⇒立ち読みはこちら
「脳と体を意識的につなげて動かす」ことは、きくち体操の根本的な考え方です。
私はこのきくち体操を始めた50年以上前から、生徒さんに伝えてきました。脳で体を感じ取って動かすことで、たくさんの筋肉や骨を活性化させることができ、全身をよくすることができるのです。

きものリフォーム

きものリフォームとは

2020年12月号
きものリフォーム

全部直線縫いでできて、型紙いらず!ゆったり着られるはおりもの

⇒立ち読みはこちら
秋冬は、コートやカーディガンなどのはおりものが活躍する季節。
今月は、前を閉じても開いても美しく着られるよう、ウエストよりも少し上で切り替え、ギャザーを入れた長め丈のコートや、ラクな着心地の短め丈のはおりものをご紹介します。
名古屋帯のバッグも、全部直線縫いで、簡単! 羽織のひもを取っ手にし、ひもの房が、タッセルのようにかわいらしいポイントになっています。初心者の方にもおすすめです。

編集担当より

ハルメクで家事の特集を行うのは実はこれが初めてです。家族の人数や住まいの形態が人によって違うのはもちろん、料理一つとっても「一汁三菜ないと物足りない」という人から「子どもが巣立って以降、食事はなるべく手軽に済ませたい」、考え方や温度感がさまざまのためです。
しかし、それを変えたのが新型コロナです。家で過ごす時間が長くなり、三食を自宅で用意し、ともすれば部屋も散らかりやすくなり、読者の方々から「家事の負担が増えた」と耳にすることが増えたのです。
そこで、今回のハルメクは家事を賢く“やめる”ことを提案します。ズボラに済ませるのではなく、抜くことができる手間を賢く抜いて負担を減らす、そんな方法をご紹介します。ぜひお試しください!

12月号のみどころ

  • 01

    いつも当たり前にやっている家事。そんな“当たり前”を少し見直して、暮らしにゆとり時間を作りませんか?料理・掃除・片づけといった家事の賢くやめる方法をご紹介しています。

  • 02

    生誕100年となる森光子さん。2006年に本誌のイメージモデルを務めていただきました。80代を超えてなお挑戦し続けた森さんの若さの秘訣と読者のみなさんへのメッセージをお届けしています。

  • 03

    2人に1人ががんになるといわれている時代。「がんとともに生きる」では、がんとの向き合い方と、必要なお金の備え方についてご紹介しています。

2020年12月号目次

※目次の青色テキスト(下線付き)を
タップ(クリック)いただくと、
対象ページを立ち読みできます。

2020年12月号

【特集】

 

12ページ
今の私にちょうどいい
“やめて”みたらよかった家事

 

14ページ
自分のためにも、将来の家族のためにも
家事は賢く”やめる”のが正解

 

16ページ
坂井より子さん
家事を減らして、自分の時間を持つ

 

20ページ
「思い込み」を手放せば
料理の手間はもっと減らせる

 

24ページ
奥薗流・料理の「めんどくさい」解決レシピ

 

30ページ
掃除の時間を「やめる」
ついでの10秒掃除で、スッキリ年末に!

 

38ページ
今ある物で、お助けグッズで、もっと
家事がラクになるアイデア24

 

44ページ
心も体もがラクになる
「やめる」片づけ新習慣

 

 


 

8ページ【巻頭インタビュー】

横田早紀江さん

 

83ページ
運動は「ひざ裏」と「太もも」に注目!
医師がすすめる 最新ゆる筋トレ

 

149ページ
心の向き合い方、お金の備え方を考えます
がんとともに生きる

 

50ページ
きくち体操
体を動かして、自分の体を感じ取る

 

58ページ
米倉涼子さん、黒柳徹子さんが語る
生誕100年 森光子さんの生き方

 

75ページ
健康特集
感染症専門医が実践している
冬の感染症を遠ざける生活習慣

 

96ページ
ひと・もの・がたり
吉田紗栄子さん
バリアフリー住宅の先駆者

 

104ページ
もっと気軽に!
きものリフォーム
全部直線縫い!型紙いらず!
ゆったり着られるはおりもの

 

108ページ
ちょこっと小物リメイク
帯で作る手提げバッグ

 

110ページ
きものリフォームの作り方

 

116ページ
ちょっとの時間で、ほっと手作り
身近な紙で作る おりがみラッピング

 

123ページ
ハルメクカフェ
●ラッキーアイテム、私はコレです!

 

129ページ
ハルメク文化部
●トキメク シネマ
●書いた人に、聞きたい
●アート「ベルナール・ビュフェ回顧展」
●大塚ひかり
 スキャンダルで読む百人一首

 

158ページ
紺野美沙子さん
私を元気にする言葉の処方箋

 

180ページ
彼のことづて
俳優 井ノ原快彦さん

 

135ページ
バックナンバー

 

176ページ
パズル

 

177ページ
プレゼント

 

 


 

【連載】

 

4ページ
横山タカ子 信州・四季の手遊び

 

64ページ
もう一度生きかた上手

 

68ページ
川邉サチコ マダムのつくり方

 

70ページ
横森美奈子 目からウロコのおしゃれ塾

 

93ページ
村木厚子 毎日はじめまして

 

136ページ
あいうえ折り句

 

138ページ
世界丸ごと一問一答 菅政権で政治はどう変わる?

 

140ページ
知っ得! マネー学 介護保険サービスを利用するポイント

 

142ページ
スマホ塾 LINEの無料スタンプのもらい方

 

147ページ
山本ふみこ だから、好きな先輩

 

182ページ
こころのはなし 中村桂子さん

 

188ページ
大野八生の庭の時間 秋草の寄せ植え・寄せ鉢

 

190ページ
ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方

 

192ページ
玉置妙憂 コトノハメクリ

 

67ページ
「2021年版 生きかた上手手帳」のご案内

 

115ページ
ハルメクおみせ

 

118ページ
ハルメク通販の「感謝市」

 

146
ハルメク お申し込み、お問い合わせ

 

168
ハルメク 学ぶ
 ・はじめてのオンライン講座
 ・紅茶講座で幸せなおうち時間 他

 

144
次号予告

もっと見る

次号予告

2021年1月号

巻頭インタビュー
有馬稲子さん

 

大特集
年齢がでやすい 髪と肌の自宅ケア 

  ・髪と肌のうるおいは何歳からでも取り戻せます!
  ・リンパ流しで、ほうれい線と首のしわを一気に改善!
  ・自宅で簡単!白髪染めのコツとグレイヘアの作り方
  ・髪の悩み、いつものケア&スタイリングで解決します
  ・「首のポツ」にハトムギが効くって本当?
  ・心も癒やされる、手のマッサージ法
  ・髪と肌にいい食材で、体の内側からキレイになる

 

 

第2特集
免疫力も高める「冷えとり」習慣

 

きものリフォーム
ウールのきもので作る 簡単パンツ

 

ほっと手づくり
水引で作る お正月飾り

 

健康特集
手指の痛み・こわばりは自分で治せます

 

特別付録
ハルメクオリジナル 花のカレンダー 2021

詳細を見る

きくち体操とは

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

閉じる

きものリフォームとは

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

閉じる