定期購読のご案内 定期購読のご案内
  • TOP
  • 2021年6月号

特集

2021年6月号
特集1

がんばらない 鍛えない
ぽっこりお腹&猫背 まとめて解消!

⇒立ち読みはこちら
 
コロナ禍で自粛生活が続き、運動不足でお腹まわりが気になったり、姿勢が悪くなったり、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今月は、きつい食事制限などは一切不要で、家の中ですぐできる、「ぽっこりお腹」や「猫背」を改善するさまざまな方法を紹介します。ポイントは、「体のゆがみ」「体幹の衰え」「冷え」の3つを改善すること。タオル枕に寝て伸ばすだけ、ほぐすだけの動きや、普段の呼吸法、体幹を整える方法、食事の仕方のヒントなど、今日から始められることが満載。見た目だけではなく、体全体の健康にもつながります。

もっと見る

2021年6月号
特集2

育てる愉しみ、バラに囲まれる喜びをご紹介します
私のバラ園へようこそ!

⇒立ち読みはこちら
 
新しい葉が芽吹き、色とりどりの美しい花が咲き誇る季節がやってきました。花の中でもバラは特別な気がしませんか。暮らしに彩を与え、ときには人生を支えてくれることもあるバラを、育み慈しんでいる写真家・松本路子さん、俳優・平泉成さん、河本バラ園・河本純子さんの3名にお話を伺いました。外出がままならないこんな時期だからこそ、華やかで美しいバラの写真で心ときめくひとときを過ごしてください。

もっと見る

2021年6月号
特集3

50代から考えておきたい
自分らしい最期の迎え方とは?

⇒立ち読みはこちら
 
あなたは人生の最期をどこでどんなふうに過ごしたいですか? 公益財団法人 日本財団が発表した調査では、最期を迎えたい場所の1位は「自宅」。また親世代は「家族の負担にならないこと」を、子世代は「家族等との十分な時間を過ごせること」を重視していて、親子間で考えに差があることもわかりました。ここでは最期の過ごし方を考えるきっかけとなるように、看取りを経験してきた荻野アンナさんと南杏子さんのお二人に話を伺います。

もっと見る

連載

きくち体操

きくち体操とは

2021年6月号
きくち体操

ひざが痛いのは、

⇒立ち読みはこちら
 
意識せずに普通に立っていると、ひざは自然とゆるみ曲がっています。この状態が続くと、ひざの負担が大きくなり、痛みが出てきます。でも普段から意識してひざの裏を伸ばしていると、ひざを支えるもも、お腹、お尻などの筋肉に力がつき、ひざ痛はよくなっていきます。

きものリフォーム

きものリフォームとは

2021年6月号
きものリフォーム

はおりものにもなる、
おしゃれな割烹着&ラクラクもんぺパンツ

⇒立ち読みはこちら
 
今回は、家で過ごす時間にも、お出掛けにも活躍する割烹着と、着心地ラクなもんぺパンツを紹介します。
「せっかくなら、割烹着は2通り着られるとうれしいと思い、ホックで開けるデザインに。ホックを後ろにすれば割烹着、前にすればはおりものとして着られるようにしています」と作者の守岡仁美さん。もんぺパンツは、ウエストはゴムでおなかまわりや太ももにゆとりがあり、着心地抜群です。余り布で作る手提げバッグの作り方も。ぜひ作ってみてください。

編集担当より

多くの方が悩んでいる「ぽっこりお腹」に加え、今回特集で取り上げたのが「猫背」です。読者の方に取材をしていると「昔は姿勢がよかったのに、ショーウィンドウにうつる自分を見てドキッとした」「最近、夫に『姿勢が悪くなった』と言われた」……など、”いつの間にか猫背”の方が多くいらっしゃると感じました。コロナ禍で外出が減り、座りっぱなしになったり運動不足になったことも姿勢の悪さを助長しているかもしれません。ぽっこりお腹と猫背を改善することは、見た目だけでなく体全体の健康にもつながります! 今回紹介したのは、頑張って鍛えたりするのではなく、体を本来の正しい状態に整えてあげることで解消する方法ばかりです。ぜひ気に入ったものを、日常に取り入れていただけたら嬉しいです。

その他の見どころ

  • 01

    健康特集は「お口のケア」。「歯のくすみ・黄ばみ」「口臭」「たるみ・ほうれい線」などマスク生活で歯のトラブルや口臭が気になっていませんか?顔のマスク老けも撃退する最新のお口ケア方法をご紹介します。

  • 02

    お料理ページでは、意外と色々な食べ方がある、「パプリカ・ズッキーニ・セロリ」のおいしく簡単にできるスピードレシピです。食卓のマンネリ打破にもピッタリです。

  • 03

    「ひと・もの・がたり」は、ハーブ研究科 萩尾エリ子さんに、疲れた人の心と体を癒すハーブの魅力について語っていただきました。

2021年6月号目次

※目次の青色テキスト(下線付き)を
タップ(クリック)いただくと、
対象ページを立ち読みできます。

2021年6月号

【特集】

 

 

12ページ
がんばらない 鍛えない
ぽっこりお腹&猫背 まとめて解消!

 

14ページ
年齢を重ねるとなぜ
ぽっこりお腹&猫背になるの?

 

16ページ
読者が3週間実践!
体のゆがみを正してお腹も背すじもすっきり

 

26ページ
背すじピン!&お腹スッキリ!になるために
今日から始める習慣20

 

30ページ
1日3分、簡単な動きで
体幹リセットで、元気に若々しく

 

36ページ
あなたの食習慣、実は間違いだらけ?
食べ方の新常識で脱・ぽっこり

 

42ページ
下腹&猫背すっきり
正しい呼吸で体が変わります

 

48ページ
中村多仁子さん
78歳で、よい姿勢を保ち続ける秘訣は?

 

8ページ
【巻頭インタビュー】 美輪明宏さん

 

62ページ
育てる愉しみ、バラに囲まれる喜びをご紹介します
私のバラ園へようこそ!

 

105ページ
50代から考えておきたい
自分らしい最後の迎え方とは?

 

56ページ
きくち体操
ひざ痛は、動かしてよくする!

 

73ページ
健康特集
若々しい歯へと導く 最新「お口」ケア

 

80ページ
意外といろんな食べ方が!
パプリカ・ズッキーニ・セロリのおいしいスピードレシピ

 

94ページ
ひと・もの・がたり
ハーブ研究家 萩尾エリ子さん

 

116ページ
インタビュー
高畑淳子さん 終活は他人事ではありません

 

164ページ
彼のことって
俳優 吉岡秀隆さん

 

123ページ
ハルメクカフェ
 ・長く続けてきてよかったこと

 

129ページ
ハルメク文化部
 ・トキメク シネマ
 ・書いた人に、聞きたい
 ・アート「コシノヒロコ展」
 ・大塚ひかり スキャンダルで読む百人一首

 

150ページ
ちょっとの時間でほっと手づくり
かぎ針で編む 簡単手編みひも

 

152ページ
もっと気軽に!きものリフォーム
はおりものにもなる、おしゃれな割烹着&ラクラクもんぺパンツ

 

155ページ
きものリフォームの作り方

 

160ページ
ちょこっと小物リメイク
余り布で作る 簡単!手提げバック

 

135ページ
バックナンバー

 

180ページ
パズル

 

181ページ
プレゼント

 


 

【連載】

 

4ページ
横山タカ子 信州・四季の手遊び

 

88ページ
横森美奈子  目からウロコのおしゃれ塾

 

92ページ
川邉サチコ  マダムのつくり方

 

102ページ
もう一度  生きかた上手

 

122ページ
村木厚子  毎日はじめまして

 

136ページ
あいうえ折り句

 

138ページ
世界丸ごと一問一答  増え続ける空き家、どうすればいい?

 

140ページ
知っトク!マネー学  住まいのリフォームに役立つ制度

 

142ページ
スマホ塾  SMS(ショートメッセージサービス)って?

 

147ページ
山本ふみ子  だから、好きな先輩

 

184ページ
こころのはなし  下園壮太さん

 

188ページ
大野八生の庭の時間  バラの選び方

 

190ページ
ターシャ・テューダー  喜びの見つけ方

 

192ページ
玉置妙憂  コトノハメクリ

 

54ページ
ハルメクの新サービス  お試しモニターを募集します

 

113ページ
ハルメクの本のご案内

 

121ページ
ハルメクからのお礼とご報告 古着でワクチン

 

146ページ
ハルメク お申し込み、お問い合わせ

 

166ページ
ハルメク 学ぶ・旅する
・一生自分の歯で食べる方法
・本誌登場のバラ園へGO! 他

 

182ページ
ハルメクおみせ通信

 

183ページ
ハルメク おせちモニター募集

 

144ページ
次号予告

もっと見る

次号予告

2021年7月号

大特集
心も暮らしも軽くなる!
気にしない 我慢しない 新習慣

  ・"気にしない人"になる練習帳
  ・思い込みを捨てて、物をためこまない人になる
  ・固定観念をくつがえす! 引き算家事のススメ
  ・悩みやストレスをためこまない 脳の新習慣
  ・あの人がしている、気にしないためのコツ

 

第2特集
夏のにおい対策

 

第3特集
夏井いつきさんに教わる俳句の愉しみ

 

きものリフォーム
兵児帯でつくるチュニック&ブラウス

 

健康特集
血管力を上げる最新ケア

 

特別インタビュー
髙樹のぶ子さん
8月号から「小野小町」をテーマにした連載小説がスタートします。

 

詳細を見る

きくち体操とは

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

閉じる

きものリフォームとは

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

閉じる