ハルメク

定期購読のご案内

定期購読のご案内

WEB/電話でのお問い合わせ

女性誌No.1!
心豊かな生き方、暮らし方を応援します

骨と脳を若返らせて
一生、自分で歩く! 新習慣2020年2月号

編集長メッセージはこちら

骨の健康が、実は全身の健康の鍵を握っている――医療の分野ではそんな研究が進んでいます。骨を弱らせてしまうと、骨折や節々の痛みだけでなく、脳が衰えたり、免疫力が低下したり……さまざまな不調がやってくるのだそうです。逆に、骨が元気であれば、骨の新陳代謝が行われる際に「骨ホルモン」という物質が分泌されて、これが全身を健康にしてくれることがわかってきました。今月号では、骨力を上げるために行いたい運動、生活習慣、食事を紹介しています。
「一生歩ける体」を手に入れるために重要なのは、「『筋力』よりも『骨力』」と医師の太田博明さんは言います。骨で体を支えられなくなると、体の節々に痛みが出て歩くのがつらくなってきます。全身の骨は5年程度で生まれ変わります。骨を強くするのに、何歳からでも遅くありません。骨を若返らせて、一生歩ける体を手に入れましょう!

編集担当より

女性は閉経後、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、その後10年間で骨密度は15%減ってしまうのだそうです。骨が弱くなってしまうと、骨粗しょう症のリスクが上がるばかりか、全身の健康も脅かされてしまうのがこわいところ。今回は、自分の骨の健康状態がわかるセルフチェックも掲載! ぜひお試しください。