ハルメク

WEB/電話でのお問い合わせ

50代からの女性誌No.1!
心豊かな生き方、暮らし方を応援します

新規入会特典

ハルメク 編集長 山岡 朝子
メッセージ2018年10月号

ハルメク 
編集長 山岡 朝子 メッセージ

こんにちは。ハルメク編集長の山岡朝子です。
ハルメク10月号の大特集は「この秋、いつもの服で上品に若々しく!」です。
服は捨てなきゃいけないほどあるのに、なぜか「今日着ていく服」が見つからない、ということ、ありませんか?そんな悩みを解決するのがこの特集です。
「今ある服で」というタイトル通り、クロゼットやたんすに眠っている、定番のパンツやニット、カーディガンなどを生かしながら、秋冬のおしゃれを楽しむコツをご紹介しています。
ボタンのとめ方や袖の折り方といった「着こなし方」を少し変えたり、バッグやスカーフ、靴といった小さな部分で思い切って「さし色」を使ったり、あるいは今年らしい流行を「ちょい足し」したり、さらには髪の長さをちょっと変えて、全身のバランスをすっきり整えてみたりと、どれも今すぐ実践できることばかりです。
(もちろん、秋冬の大切な要素である「あたたかさ」にも、きちんと配慮したおしゃれ術ですから、ご心配なく♪)
加えて、ご存じ「ユニクロ」や「ジーユー」のリーズナブルな服を使った、上品な着こなしもアドバイス。お値段が手ごろだから、流行の色や形を取り入れやすいのが魅力ですよね。
秋のおしゃれが本格化する時期、さっそく参考にしていただければ幸いです。

そしてこの号には注目記事がもう一つ。
今、テレビ番組で話題の「きくち体操」創始者、菊池和子さんの連載も、ハルメクで読めます。
10月号のテーマは「ひざの痛み」です。
菊池さんご自身の経験も交えながら、家で簡単にできる体操を教えていただきましたので、ぜひトライしてみてくださいね。
きくち体操は続けることが大切。ハルメクをお供に、毎月少しずつでも実践していきましょう!

そんなハルメク10月号には他にも見所がいっぱい。
第2特集は、「もし明日、がんと診断されたら」。女性の3人に1人が、がんになると言われる時代。
いざというときに慌てたり悔いを残さないために、お金のこと、病院選び、家族との向き合い方などをまとめました。
この機会に、ぜひご購読をご検討ください。よろしくお願いいたします。

(2018年8月31日 山岡 朝子)

10月号のみどころ

  1. 人気連載「きくち体操」は、ひざの痛みがテーマ。家で今すぐできる簡単な体操を菊池和子さんに教わります。
  2. 料理ページでは、つるつるっと食べたい麺のレシピを紹介。1玉だけ余ったうどんや中華麺、そうめんなどをおいしくアレンジできます。
  3. 健康特集は「耳の聞こえを守る」。難聴や耳鳴りを放置せず、ケアするための生活習慣を専門家に伺います。