ハルメク

定期購読のご案内

定期購読のご案内

WEB/電話でのお問い合わせ

女性誌No.1!
心豊かな生き方、暮らし方を応援します

ハルメク 編集長 山岡 朝子
メッセージ2019年10月号

ハルメク 
編集長 山岡 朝子 メッセージ

 こんにちは。ハルメク編集長の山岡朝子です。

ハルメク10月号の特集は、「年金生活、楽しく賢い節約アイデア」です。
消費税の増税がいよいよ目前に迫ってきました。
ある試算によれば、増税によるシニア世帯の負担増は、月3000円程度だそうです。
これを大きいと思うか、意外と小さいと思うかは人それぞれですが限られた年金収入のなかから、3000円が支出されていくのは事実です。
一方では「老後2000万円問題」なども取りざたされ、不安をあおるような報道も目に付きます。
そんな今だからこそ、ハルメクが提案したいのは「楽しく賢い節約アイデア」。
あまり窮屈に考えず、今すぐできるちょっとした工夫を積み重ねることで増税分の3000円はもちろんのこと、2000万円問題の原因である年金赤字も解消していこう、という提案です。

たとえば!買ったのに使い切れずに処分した食材や、食べきれずにダメしたおかずはありませんか?
なんとそれらの「食品ロス」だけで、年間数万円の“食費”を捨てているのです。
冷蔵庫の管理のしかたをちょっと変えれば、その無駄を大幅に減らせることが分かっています。
また、当たり前のように払っているスマホ料金。
高いのは仕方がない…と思って明細もろくに見ていない方、けっこう多いんです。
使い方の工夫や、プランの見直し、電話会社の乗り換えで、月1万円以上の通信費削減も可能。
これなら、増税分をハネ返しておつりがきちゃいますね。
他にも、家計再生のプロが教える、赤字家計の改善ポイント「キャッシュレス」をマスターして、ポイントをどんどんためる水道光熱費からレジャーまで、日常生活のなかでできる節約テク集・格安食材「たまご」と「もやし」を活用したごちそうレシピ30・大事な貯金を取り崩さないための「ちょっと働く」選択肢などなど、これからの時代を、安心して暮らしていくための「今すぐできるヒント」がたくさん見つかる大特集です。
ぜひご覧ください。

そしてハルメク10月号には、特集以外にも見どころがいっぱい!

第2特集は、「暮らしの片隅に一輪の花を」。
朝起きたとき、家事の合間、ふとした瞬間に、花が目に入るって素敵ですよね。
高価でなくてもいい、花瓶がなくてもいい、道端で咲いている花でもいいから、暮らしの中に花を取り入れてみませんか?
今、大人気の花のプロから、上手な選び方、飾り方、長持ちのさせ方、お金をかけない楽しみ方を教わります。
切り取って飾っておきたくなる美しい写真も必見です!
第3特集は「いのちを守る防災の知恵」。
地震、水害、台風など、さまざまな災害が頻発する中、ハルメク世代がいのちと暮らしを守るにはどうすればいいのか、日ごろの備えから、被災したときの心得までを、経験者の声も交えてお届けします。

さらに、テレビで話題の「きくち体操」も、ハルメクなら毎月連載です。
グレイヘアが素敵な美容家、川邉サチコさんの連載が読めるのもハルメクだけ。
眠っているきものを日常着にリフォームする「きものリフォーム」も、毎回大人気です。
ほか、今こそ知りたいスマホのセキュリティ対策、ひざや腰の痛みのケア方法、ターシャ・テューダーの庭と暮らし、作家・田辺聖子さんの追悼企画など、幅広い情報が目白押しのハルメク10月号、ぜひよろしくお願いいたします。

10月号のみどころ

  1. 大特集では、気になる「キャッシュレス」もやさしく解説!上手に使いこなして、増税分を取り返しましょう。
  2. 料理ページは「たまごともやしのごちそうレシピ30」。おかず、スープ、ご飯、麺まで、安くておいしい30品を!
  3. 話題の「きくち体操」は毎月連載!足首まわしから開脚、腹筋まで、生きる力をつけるための動かし方を解説します。