ハルメク

WEB/電話でのお問い合わせ

50代からの女性誌No.1!
心豊かな生き方、暮らし方を応援します

【草花散歩】 2018年6月(田園調布)

【6月】色とりどりのアジサイに出会う田園調布(東京都・大田区)

 多摩川台アジサイ

6月の草花散歩は、色とりどりのアジサイを見に田園調布を訪れました!最初に訪れた多摩川台公園では、7種類のアジサイを見比べて、それぞれの違い深く知ることができました。 「実は、アジサイは裏側も楽しめるんですよ~」と清右衛門さん。ひっくり返した軸の淡い色合いを見て、「うわぁ~綺麗!」と皆さん驚かれていました(^-^)清右衛門さんの講座を受けると、視点が増えて、普段の道歩きもぐっと楽しくなりますよ♪ それでは、講師レポートをご紹介します。

草花散歩
講師レポート

花の進行は早いけれど、わりとまじめに梅雨入りした今年。6月は例年ハナショウブかアジサイを見に行く草花散歩ですが、今年は隠れたアジサイ名所ということで多摩川駅から田園調布駅をお散歩しました!

多摩川台アジサイ

▲多摩川台公園

まずは、多摩川駅に集合したら、せせらぎ公園を眺めやり、かつてあった「多摩川園」という遊園地のお話を少々。「子供のころ遊んだわ〜」という方もいて、盛り上がります。踵を返して、多摩川台公園に。3000株のアジサイが迎えてくれます。色もほどよくミックスしているので、飽きませんね。セイヨウアジサイにガクアジサイ、アナベルやカシワバアジサイもありました。アジサイが世界に広まったお話や、アルカリ性酸性と色の関係などについてお話ししました。

ガクアジサイ

▲ガクアジサイ

セイヨウアジサイ

▲セイヨウアジサイ

多摩川台公園は古墳あり、浄水場の跡地ありで盛りだくさんです。国分寺崖線の終点には古代からの人のくらしがありました。

多摩川台公園

▲浄水場の跡地

多摩川台公園

▲浄水場の跡地

ヒツジグサ

▲浄水場の跡地に咲くヒツジグサ

古墳展示室

▲古墳展示室

ランチを田園調布倶楽部(おしゃれなイタリアン!)でいただいたら、後半は田園調布に向かいます。教会の土手にはちょっとした野草スポットがあって、ススキにワラビ、ホタルブクロ、そして、え、こんなところにあんな花が!?と驚愕したあの花もありました(保護のため秘密です)。

多摩川台河川敷

▲多摩川河川敷

ゲジゲジシダ

▲ゲジゲジシダ

ホタルブクロ

▲ホタルブクロ

多摩川台公園をかすめて谷間を進むと、こんもりとした宝来公園の緑が現れます。ここは田園調布を開発した際に東急が住民のために残したものを公園にしたのだそうです。

宝来公園

▲宝来公園

田園調布

▲田園調布

そしていよいよ田園調布に到着!駅を中心にした放射状の道路は、パリの凱旋門広場を思わせます。高級住宅地のイメージがありますが、初期のイメージは中流階級のサラリーマンのマイホーム。余裕のある土地割りに、豊富な緑。協定によって維持されている、まちの品格を確かめることができました。

【草花散歩について詳しくはこちらをご覧ください】

清右衛門の草花散歩
講師紹介

清右衛門の草花散歩講師紹介

草花散歩講師

清右衛門(せいえもん)

造園家・樹木医。1980年生まれ。千葉大学園芸学部卒。草花はもちろん、土地の歴史や地形にも詳しいハカセです。2014年からハルメク講師として活躍。豊富な知識と明るい性格で大人気です。