ハルメク

WEB/電話でのお問い合わせ

50代からの女性誌No.1!
心豊かな生き方、暮らし方を応援します

【草花散歩】 2018年7月(池袋)

【7月】睡蓮の庭に出合える屋上庭園へ(池袋・豊島区)

西武池袋

7月の草花散歩では、西武池袋から始まり、豊島区役所から法明寺・鬼子母神を巡りました。近年整備が進みつつある屋上庭園を2か所も訪れたのですが、都会の真ん中にこんなにも素敵な庭園が!と皆様驚かれてしました♪特に人気だったのが西武池袋の屋上の睡蓮、そしてベルサイユのばらの登場人物の名前が付けられた薔薇たちです。法明寺や鬼子母神は池袋駅から徒歩15分ほどで、こんなに近くに素敵な歴史エリアがあるのねという驚きもありました(^^)それでは、講師レポートをご紹介します。

草花散歩
講師レポート

猛暑の夏。それでも毎月欠かさず、草花を求めて草花散歩に出かけます。涼を得られる場所を探したり、距離を短くしたりいろいろ試行錯誤するのが夏のコースですが、今年の7月はいろんな人に「え!?」と言われた池袋での草花散歩を敢行しました。
なぜ「え!?」なのか、それは池袋のイメージです。駅前にはまったくない緑、どこまで続く(ような気がする)繁華街・・・。ですが、そんな場所だからこそ面白い草花散歩ができるんじゃないかと考えました。

食と緑の空中庭園

▲食と緑の空中庭園

集合は、複雑怪奇な池袋駅を抜けて池袋西武本店の屋上「食と緑の空中庭園」です。この庭園があることも、池袋にやってきた理由なのです。3年前のオープン時から僕が野草ゾーンを担当しているホームグラウンドの一つです。ありがたいことに西武さん、ガーデンチームの仲間たちのバックアップもいただいて、お邪魔することができました。

西武池袋

スイレン

▲スイレン

まずは、屋上庭園ならではの苦労話。そう、古い建物では過重で土厚がとれないのです。それでも端っこにモネをイメージした「睡蓮の庭」を作り、毎日入るガーデナーの徹底した手入れによっていつでも「インスタ映え」するスポットになっています。池ではスイレンが真っ盛り。コロラド、マンカラ・ウボン、アトラクションなど名品種がミストに妖しく浮かびます。ブッドレアやノリウツギなども華やかに咲き競っています。もちろん、バラ『クロードモネ』もばっちりです。

ブッドレア

▲ブッドレア

クロードモネ

▲クロードモネ

一通り歩いたら、飲み物休憩をしながら周りを見渡していただきます。青いタイルに、丸いウッドデッキ。そう、この庭自体がモネの「睡蓮」をモチーフとしているのです。デザイナーの団塚栄喜さんに伺ったこのようなイメージを伝えると、みなさんびっくりして関心しきりです。

西武池袋

最後に僕が担当するグラスフィールド(芝生エリア)の地味な状況をご覧いただきます。開発で無くなってしまう雑木林から植物をもらってきたもので、ちょうどヤブカンゾウやオミナエシが咲いていました。花いっぱいの空中庭園の中で、少し箸休めになったかな。

グラスフィールド

▲グラスフィールド

オミナエシ

▲オミナエシ

階下でランチを頂いたら、池袋から雑司が谷へと街歩きをしていきます。まずは、南池袋公園で、レストランを導入するなど地元みんなで作る公園づくりの新しい動きについてお話しし、豊島区役所の屋上庭園「豊島の森」ではデザイナー平賀達也さんの地域の自然を取り入れたランドスケープデザインについて駆け足ですがお話ししました。

南池袋公園

▲南池袋公園

豊島の森

▲豊島区役所の屋上庭園「豊島の森」

そして、区役所を境に、繁華街・池袋のイメージは瓦解していきます。路地を曲がると、大きな木が鎮座する墓地が突如現れます。緩やかに坂道を下ると急に現れた異世界は、創建810年という古刹・法明寺です。かつてこのあたりを拠点としていた豊島氏の墓もある江戸のディープスポットは、鬱蒼とした樹林に覆われてひんやりと涼しく暑さを忘れます。境内にはタイサンボクやシナボダイジュ、ザクロなどの木々が植えられていました。

法明寺

▲法明寺

法明寺

弦巻川の暗渠を超えると、有名な鬼子母神堂が現れます。東京のお盆を前に掃き清められたこともあり、境内はトキンソウがあるばかりでしたが、天然記念物のイチョウが大迫力で迎えてくれました。あとは風情のあるケヤキ並木をたどると、懐かしさを感じさせる都電が現れます。

鬼子母神堂

▲鬼子母神堂

鬼子母神堂

▲トキンソウを観察

トキンソウ

▲トキンソウ

我ながら、よく詰め込んだというくらい見所が多い(多すぎる?)コースになりました。新しい緑が次々生まれる表の池袋から一歩入ると現れる、まったくの別世界。東京の奥深さを感じたコースでした。

草花散歩

【草花散歩について詳しくはこちらをご覧ください】

清右衛門の草花散歩
講師紹介

清右衛門の草花散歩講師紹介

草花散歩講師

清右衛門(せいえもん)

造園家・樹木医。1980年生まれ。千葉大学園芸学部卒。草花はもちろん、土地の歴史や地形にも詳しいハカセです。2014年からハルメク講師として活躍。豊富な知識と明るい性格で大人気です。