ハルメク

定期購読のご案内

WEB/電話でのお問い合わせ

50代からの女性誌No.1!
心豊かな生き方、暮らし方を応援します

3月号からの2大特典
3月号からの2大特典

特集・連載

特集・連載

特集

  • 2018年3月号

    2018年3月号

    スマホのもやもや これだけ覚えれば解消!

    今号は、スマホのもやもや・イライラを丸ごと解消する方法を大特集します。

  • 2018年2月号

    2018年2月号

    いつも元気で若々しい人の疲労解消法

    元気で若々しくいられる体を手に入れるための「疲れ解消法」を大特集します!

  • 2018年1月号

    2018年1月号

    なんだかすてきに見える理由の9割は…50代からの髪と眉

    年齢を重ねて、ますますすてきに見える女性って何が違うのでしょう? 考えて考えてたどり着いたのが、「髪と眉」でした。

  • 2017年12月号

    2017年12月号

    私たちの家事は家電でここまでラクになる!

    50代以上の読者のみなさんが、炊飯器・スティック掃除機・ドライヤーを試用した超本音ランキングを掲載しています。

次号予告

編集長メッセージ

  • 2018年3月号

    2018年3月号

    スマホを買ったはいいけれど、料金は高いし、操作は難しいしで、ちょっと後悔している。あるいはそろそろガラケーから買い換えたいけれど、うまく使いこなせるか心配で踏み切れない。

  • 2018年2月号

    2018年2月号

    みなさまの周りにも、「同じくらいの年齢なのに、どうしてあんなに若々しくて元気なの?」と、不思議になるような方はいませんか? その謎にまっこうから挑んだのがこの特集です。

  • 2018年1月号

    2018年1月号

    みなさまは、髪に悩みがありますか? 私は数え切れないほどあります!まず、髪がとっても細くてやわらかいので、いつもぺたんこなんです。仕事中は後ろでひとつに束ねているのですが、とっても細い束しかできなくて、寂しい限り。

  • 2017年12月号

    2017年12月号

    年を重ねることで、家事の負担も変わってきます。たとえば掃除のたびに腰をかがめるのがつらくなったり、重い掃除機を持って階段を上るのがきつかったり、あるいはボタンがたくさんある複雑な炊飯器が不便に感じたり……。

人気連載きくち体操

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

2018年3月号

2018年3月号

しなやかな血管をつくる

血管は筋肉でできているので、しなやかな血管を育てるには運動が大切。いい血管で体のすみずみまで血液を流して、冷えや不調知らずの体をつくりましょう。

2018年2月号

2018年2月号

足を刺激して脳と体に力をつける

足には脳や内臓など全身につながる「反射区」があり、足を常に刺激することが一生体をシャンと保つことにつながります。自分の手で触って動かしていきましょう。

人気連載きものリフォーム

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

2018年3月号

2018年3月号

ぜんぶ直線!ゆったりチュニック

直線で裁って縫って仕上げるチュニック。襟元をきゅっと絞るだけで、ドレープの美しいシルエットに(しかもフリーサイズ)。半幅帯で作る小物もご紹介します。

2018年2月号

2018年2月号

簡単!ワンショルダーのエプロンドレス

絶妙な肩ひもの幅と付け位置だから、ずり落ちなくって肩こりなし!ひたすらまっすぐ縫うだけです。余ったきもの地で、これまた簡単で使い方万能なトレーもご紹介。