定期購読のお申込 定期購読のお申込
  • TOP
  • 2022年6月号

特集

2022年6月号
特集1

内臓脂肪をスッキリさせて
ぽっこりお腹を解消!

⇒立ち読みはこちら
 
加齢に伴う代謝の低下やむくみ、便秘など、お腹が出てきてしまう要因はさまざまですが、今回ハルメクが注目するのは「内臓脂肪」です。ぽっこりお腹だけでなく、脳梗塞や骨粗しょう症など、多くの病気の原因としても知られています。なんだか“嫌なヤツ”ですが、実は意外や意外、食事法や生活習慣をちょっと変えるだけで、ラクに、短期間で落とせます。えっ、本当? 運動をがんばらなくてもいいの? ―と思ったみなさま、この特集にご注目を。知っているようで知らなかった内臓脂肪の秘密をお伝えします。

もっと見る

2022年6月号
特集2

元気なうちに考えたい
終の住まい どうする? どう選ぶ?

⇒立ち読みはこちら
 
この先もっと年齢を重ねたときどこで暮らすか、考えたことはありますか? できるだけ自宅で、という方が多いと思いますが、体が不自由になったら……? どこまで自宅で暮らすのか、施設入居を検討するなら、どんなところがいいか。元気なうちにそうした心づもりをしておくことが、自分らしい終の住まいにはとても大切だそうです。自宅で長く暮らす方法や、施設選びの基本をご紹介します。

もっと見る

2022年6月号
特集3

台所から始める、ハルメク世代のSDGs
ちょっとの工夫で、楽しくできる!
自然にやさしい暮らし方

⇒立ち読みはこちら
 
最近よく聞く「SDGs」という言葉。何だか難しそう……ですね。でも、普段の家事で、今よりほんの少し環境に意識を向けるだけで、初めの一歩になるのです。今回はハルメク世代の暮らし上手な方々の、簡単にできる自然にやさしい暮らしのアイデアをあれこれご紹介。伊藤千桃さんの「物も食材も最後まで使い切る」暮らし方や、繰り返し使えるかわいいミツロウラップの作り方、楽しみ方も紹介します♪ 無理なく楽しく、できることから始めましょう。

もっと見る

連載

きくち体操

きくち体操とは

2022年6月号
きくち体操

毎日意識して動かして
筋肉を貯めていきましょう

⇒立ち読みはこちら
 
元気に体を動かせるときこそ、筋肉を貯めるチャンスです。生きるための筋肉に力があれば、立つことも、歩くことも、深い呼吸も、いつまでもつつがなくできます。今、体のどの部分を使っているのかを、脳で意識しながら動かすことで筋肉は育てることができます。

きものリフォーム

きものリフォームとは

2022年6月号
きものリフォーム

夏のきもので作る
軽やかな服2種

⇒立ち読みはこちら
 
今回は、夏のきものの絽や麻で作った、軽やかな服を2種類ご紹介します。ハルメク読者の石川登代子さん(70歳)が「自分が本当に着たいデザイン」を考え、首元をさりげなくカバーする立ち襟や、おなかまわりをほどよく隠す丈など、おしゃれに見える工夫が詰まっています。これからの季節に大活躍する1着、作ってみませんか。

編集担当より

人気の「ぽっこりお腹」解消特集。今回ハルメクが注目するのは「内臓脂肪」。50代からのぽっこりお腹の原因の「本丸」とも呼べる存在を撃退します! 内臓脂肪は、やせていても太っていても増えてしまうもの。また放置していると、さまざまな病気リスクを高めてしまうのだとか……。そんな恐ろしい存在なのですが「実は燃焼しやすいという特徴も。適切に対策をすれば3週間で確実に落とせますよ」と話す、内臓脂肪に詳しい医師の栗原毅さんにプログラムを考案いただきました! やることは、「食事」と「運動」と、さらに「口腔ケア」。どれも普段の生活に無理なく取り入れられることばかりです。誌面では、読者のみなさん5人に実践してもらったところ全員大成功! 腹囲はマイナスに! さらに、姿勢がよくなったり、顔まわりも明るくなったり、いろいろな効果が! 具体的なプログラム、ビフォー&アフターは誌面にてご覧ください!

2022年6月号目次

※目次の青色テキスト(下線付き)を
タップ(クリック)いただくと、
対象ページを立ち読みできます。

2022年6月号

【特集】

 

12ページ
内臓脂肪をスッキリさせて
ぽっこりお腹を解消!

 

14ページ
ハルメク世代のぽっこりお腹解消のカギ
内臓脂肪は3週間で落とせます

 

20ページ
読者が3週間実践!
内臓脂肪スッキリプログラム!

 

30ページ
内臓脂肪をみるみる撃退
代謝が上がる!「たまご」徹底活用術

 

36ページ
ほんの少しの〝習慣チェンジ〟で変わる
ぽっこりお腹解消! の新常識

 

42ページ
ぽっこりお腹が引っ込まないのは
硬くなった「ファシア」が原因です

 

46ページ
気持ちいいと思う動きで体幹もリセット
自分の体の声を聞いて整える

 


 

8ページ
【巻頭インタビュー】
海原純子さん

 

60ページ
元気なうちに考えたい
終の住まい どうする? どう選ぶ?

 

135ページ
台所から始める、ハルメク世代のSDGs
自然にやさしい暮らし方

 

54ページ
きくち体操
毎日ちょっとずつ体を動かして、筋肉を貯めていきましょう

 

74ページ
野菜たっぷり! 意外と簡単! 辛くない!
初めての おうちで韓国ごはん

 

83ページ
健康特集
下肢静脈瘤を自分で治す&防ぐ

 

100ページ
インタビュー
湯川れい子さん
86歳、コロナ闘病を経て、
生きることをかみしめています

 

104ページ
インタビュー
南果歩さん
逃げることを後ろめたく思わないで

 

109ページ
ハルメクカフェ
●喜ばれたプレゼント

 

115ページ
ハルメク文化部
●トキメク シネマ
●書いた人に、聞きたい
●アート「篠田桃紅展」
●大塚ひかり
スキャンダルで読む百人一首

 

148ページ
もっと気軽に!
きものリフォーム
夏のきもので作る軽やかな服2種

 

152ページ
きものリフォームの作り方

 

158ページ
ちょっとの時間で、ほっと手作り
たこ糸で編む丸底の巾着袋

 

98ページ
パズル

 

99ページ
プレゼント

 

121ページ
バックナンバー

 


 

【連載】

 

4ページ
横山タカ子 信州・四季の手遊び

 

90ページ
川邉サチコ マダムのつくり方

 

92ページ
横森美奈子 目からウロコのおしゃれ塾

 

108ページ
村木厚子 毎日はじめまして

 

122ページ
世界丸ごと一問一答 日本の難民受け入れ、どうなっているの?

 

124ページ
知っ得! マネー学 介護費用はいくらかかる?

 

126ページ
新スマホ塾 目の前にある物の情報を手軽に調べたい!

 

131ページ
山本ふみこ だから、好きな先輩

 

160ページ
ターシャ・テューダー 喜びの見つけ方

 

180ページ
髙樹のぶ子 小説 小野小町「花の色は」

 

186ページ
こころのはなし 鈴木秀子さん

 

190ページ
大野八生の庭の時間「マーガレットの楽しみ方」

 

192ページ
玉置妙憂 コトノハメクリ

 

50ページ
ハルメクがつくりました「ヘルシーガードル」

 

81ページ
ハルメクおせち 試食モニター大募集!

 

130ページ
ハルメク お申し込み、お問い合わせ

 

134ページ
ハルメクからお知らせ

 

164ページ
ハルメク学ぶ・旅する
〔ファシアゆるゆるストレッチ講座
韓国家庭料理を学ぶ 他〕

 

128ページ
次号予告

 

[別冊]
ハルメク 健康と暮らし/
ハルメク おしゃれ

もっと見る

次号予告

2022年7月号


大特集


60代、70代からの
やっておくといい習慣
やめてもいい習慣


  ・ラクに、無理なく、心豊かに過ごす新しい暮らし方
  ・”推し活”で暮らしに彩りを!
  ・「私にちょうどいい」人間関係のつくり方
  ・知っておきたい、今どきのマナー
  ・健康診断、これからはこう付き合う
  ・60代、70代、ケアしておくべきは「目」と「歯」です
 
 

第2特集
家電を賢く使う
 
 

第3特集
視覚や聴覚を刺激
「最新脳トレ」
 
 

きものリフォーム
八掛で作る
軽やかなシャツとパンツ
 
 

健康特集
頑固な便秘も解消!
腸すっきり生活習慣
 
 

料理
ミョウガ、大葉、香菜……
香味野菜のおいしい使い方
 
 

詳細を見る

毎月「これが知りたかった!」
という特集をお届けします

※過去の特集例です。

詳しくはこちら

きくち体操とは

「きくち体操」とは、菊池和子さんが50年以上前に創始した体操です。予防医学協会の主催で病気を防ぐ体操を全国で指導する中から、この体操は生まれました。一般的な体操とは違い、何歳からでも始めることができ、がんばる必要も、回数をこなす必要もありません。大切なのは「自分で自分の体の仕組みを理解し、脳を使って体に意識を集中しながら動くこと」と菊池さんは言います。

今回のシリーズでは、「最後まで自分の体や脳を生かし続けていくための心構え」を菊池和子さんに語っていただきながら、実際に「ひざの痛み」や「腰痛」といった体の不調を解消し、脳を活性化させる動き方もご紹介します。ごく簡単な動きなのに、体も脳も驚くほどよくなっていく「きくち体操」を、ぜひ始めてみてください。

閉じる

きものリフォームとは

たんすに眠っているお気に入りのきもの、親から譲り受けたきもの。「もう着ないのに、そのまんま」にしていませんか? それはもったいない。ならばすてきな洋服に作り変えて、思い切りおしゃれをしましょう!

「ハルメク」のきものリフォームでは、きもの地柄の美しさやを生かしたチュニック、ブラウス、ワンピース、パンツなど、毎号作り方つきで紹介しています。家の中でくつろぐホームウエアから、ちょっとお出かけのときのおしゃれなウエアなど、毎日着たくなる服ばかりです。大人世代にうれしい、体形をカバーするゆとりと着心地を重視したデザインが人気。初心者さんでも気軽に作れますよ。

閉じる